トップページへ
Contact Instagram

建物品質

EQUIPMENT

KADOYAで適う
「高気密」・「高断熱」の家

施工の精度や換気とのバランスやによって効果が左右される高気密・高断熱の家。
その良さが発揮されれば、快適な住まい環境になるだけでなく、
省エネ効果や健康面、結露やカビで建物が傷まず耐久性能にも優れた住まいになります。

高気密・高断熱

KADOYAで適う
「高気密」・「高断熱」の家

冬には外の寒い空気が入りこみ、室内のあたたかい空気は外へ出ていく。夏は逆に外の熱い空気が室内に入り、せっかくエアコンで冷やした涼しい空気が逃げる。この隙間が多ければ多いほどエアコンや暖房の効きにくい家になってしまう。
「KADOYAの適う家」では、精度の高い建築部材や優れた施工技術で、隙間を無くし気密性を高める事で、「快適に」「健康的に」「経済的に」暮らすことができます。

適う家シリーズ設備仕様

EQUIPMENT

アクアフォーム

SAMOS II

GIESTA2

Air save

これからの時代にマッチした「高気密」・「高断熱」の暮らし。

快適 健康 快適
point01

広々としたLDK空間でも、
部屋中ムラなく、暖かく

断熱性の高い住宅なら、魔法瓶のような効果で、部屋の快適さを外へ逃がさない。室内の“温度ムラ”も軽減され、足もとはもちろん、部屋のすみずみまでしっかり暖まります。
point02

暖房してない部屋も暖かい

断熱性能が高い家は、部屋と部屋の温度差が少なくなるので、廊下やトイレなど暖房のない所も暖かくなります。暖房しているリビングと暖房のないトイレの温度差は、断熱性能が低い家では5℃に対して、断熱性能が高い家では0.2℃とほぼ同じ室温にたもたれます。
point03

寒い冬の朝も楽になる

部屋と部屋の温度差が少なくなるので、廊下やトイレなど暖房のない所も暖かくなります。
point04

結露やカビの
発生を防ぐ

室内の温度と湿度を一定に保てば結露現象は起こりません。つまり家の断熱性を高めて換気をすれば露やカビの発生することが防げます。
point05

健康にも良い

ぜんそくや喉の傷み、アトピー性皮膚炎などの改善率が高いという調査データが報告されています。
point06

ヒートショックのリスクを
断熱性アップで軽減

ヒートショックとは、急激な温度変化で血圧が上下に変動すること。
家全体の断熱性を高めることで、部屋間の温度差は少なくなり、ヒートショックのリスク軽減につながります。
point07

室内熱中症のリスク軽減

夏、室内に入ってくる熱の約7割は窓から。室内の温度上昇を抑えるためには、窓の遮熱性向上や日よけ対策が重要なポイントになります。
point08

住まいの省エネ化

住宅の省エネルギー化を図るためには、建物の断熱性能向上と、設備の高効率化を上手に組み合わせる必要があります。特に断熱性能は、リフォームでの性能向上が容易ではありませんので、新築の段階でしっかり確保することが大切です。
point09

省エネに関わる基準を満たすことで
省エネ 優遇制度の利用も

一定の基準を満たした省エネ住宅を新築すると、さまざまな優遇制度を利用できます。各制度には適用期限がありますので、上手に活用しましょう。
補助金
制度
金利優遇
制度
減税
制度
気密検査を実施
気密検査とは、住宅の気密性能( 隙間がどのくらいあるか) を計測する検査のことです。
快適で高性能な省エネルギー住宅を実現するために、気密検査を実施し住宅の隙間を補修することで、「断熱」と「気密」の二つの性能を向上させ、「夏・涼しく、冬・暖かい」住宅が実現します。

高気密・高断熱